So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2月28日(畳したのシロアリ被害) [シロアリ調査]

春を前に少しづつシロアリが活動を始めてます。
畳に違和感を感じられた、お客様からの調査依頼が入り、点検に伺いました。

35657565-EBE6-459A-971F-4FD0716FAE6A.jpeg

早速畳を上げて、床下点検をしようとすると床板や畳裏側に、蟻土が付いてます。

B74AE1E2-C2D1-424D-9026-E325DA2C9D9A.jpeg

よ〜く見ると何やらもそもそ動いて居ます。
数は少ないですが、シロアリが活動を始めて居ます。
寒の冷え込みがすっかり無くなここ数年、シロアリは冬眠をせず密かに年中食害範囲を広げている様です
099A6CBC-D4FE-4B0C-AF3F-B5DFC3B322EC.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

2月27日(春を前にムカデ対策万全!) [ムカデ返し取付け]

10.JPG
春を前に、ムカデが出現する前に対策を講じます!
事前に基礎沿いにSCキーパー(ムカデ返し)を設置しすれば、
ムカデが床下に入り込む前から対策は万全に成ります。
南に面するテラス前には大きな空き地がある為に、
ここからムカデが夜な夜な侵入するようです。
その恐怖から何とかした!
との思いでSCキーパー取付をご希望され本日の施工となりました。
8.JPG  9.JPG
テラスの基礎沿いにSCキーパーを取付、空き地からテラスへ侵入するムカデをSTOPさせます。
3.JPG  4.JPG
テラスに上がる階段にもSCキーパーを取り付けます。
7.JPG  10.JPG
建物外周をぐるり一周SCキーパーで囲えば、
基礎を徘徊し建物内へ侵入しようとするムカデを、物理的の防御させます。
SCキーパーは、物理的なムカデ対策です!

nice!(0)  コメント(0) 

1月8日(築140年の家シロアリ駆除工事) [シロアリ工事]

築140年経つお家のシロアリ工事を行いました。

改築を繰り返して行って有る為に、床下が高い場所や、旧土間の上に床組みを組んだ場所やらで、中々一筋縄では行きません。床下の低い場所は開口部を作成して散布を行います。


床に開口部が作成出来ない場所では換気口を取り外し、開口部を拡大して侵入口を作成します。


2.JPG

換気口を取り外し、壁板を外して侵入口を作成します。

1.JPG

取り外した壁板を見ると、新たに使用した胴縁が食害されていました。

3.JPG

壁板を元に戻し換気口を取り付ければ完成です。


nice!(0)  コメント(0) 

1月7日 冬のコウモリ [冬眠期のコウモリの居場所]

天井裏に棲みつき冬越しをするアブラコウモリ

1月の寒い天井裏でも断熱材の下に潜り込めば、十分に冬越しは可能な事を知っています。

木材の僅かな隙間を好んで入り込み、冬越しに利用します。

既に何年も前から繰り返し天井裏に居続けて、繁殖を繰り返すようです。


nice!(0)  コメント(0) 

12月2日(師走到来やりかけ仕事完成させなきゃ) [未施工物件多し]

はや12月! 本当に一年が早い! まだ、やりかけの仕事が残っていますし・・・見積提出後の未施工物件が溜まって来ました。

何とか、今年中に完了させなきゃ!と言う事で、頑張って後片付けに走り回ります。

遠方にお住いの方から受け賜っていた、地元実家のスズメバチの巣の撤去作業と、ハクビシン出入り口の最終補修は、何とか11月の完了出来ました。

⑥最終補修板金とステンレスネット補修.JPG

10日も経過させて観察しましたが、出入りや内部に閉じ込める事は無いようです。

ここは水が流れて屋根排水と成って入るので、一番下はステンレスネットでの補修

IMG_2984.JPG

古巣の下に巣作りしたキイロスズメバチの巣

来年も作られると近所迷惑になるのでと、撤去依頼を受けました。

IMG_2986.JPG

高車を利用しないと撤去出来ないので、シルバーさんもサジを投げた現場

IMG_2987.JPG

2段の巣を撤去完了です。

nice!(0)  コメント(0) 

11月20日(イタチの出口) [イタチの生息確認]

本日のミッションは、イタチの生息確認と出口の作成。

リフォーム後に、小動物の侵入らしき音がするとの事で、先日調査に伺いました。

 

出入り口付近に、あの[ふらふら][ふらふら]独特の嫌な臭い・・・。まずイタチの侵入が疑われ、天井裏の断熱材に、足跡を確認。

調査日から10日以上経過して、しまいましたので、本日は、出口の作成と経過観察用に試薬を塗布しました。

 

出入り口と成るの部分は、雨水が流れる排水系にも成る箇所なので、アルミで下地を作成し、最終的にはネットで補修しますが、今回は取り敢えず、板金で出口の作成をしときました。

1.JPG

RC造りの庇部分は、雨が流れる排水系にもなています

2.JPG

排水部分はそのままで、屋根が被さった状態で奥に隙間・・・

3.JPG

雨に濡れても大丈夫な様に、アルミで下地造り

仕上げはネットで雨が流れる様に仕上げます。

5.JPG

先ずはイタチを追い出し、内部に閉じ込めない様にする為の出口の作成です。

4.JPG

現在、外に出て行って居る状態ならば侵入は極めて不可状態ですね!


nice!(0)  コメント(0) 

10月31日(折半屋根のハト対策) [補修はキッチリ固定 ハト対策]

DSC04015.JPG    S__31309834.jpg

最近増えて来た切羽屋根の2重重ね工法

古くなった折半屋根を剥がす事なく、2重に重ねて補強する工法ですが、

旧切羽屋根との隙間に、小鳥や鳩が侵入して営巣する事例が増えて来ました。


nice!(0)  コメント(0) 

10月27日(晩秋のスズメバチ駆除) [巣皮が分厚いキイロスズメバチの巣]

IMG_2138.jpg

巣皮が異常に分厚いキイロスズメバチの巣

暑さから身を守るためか?



nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -